サイクリングのお供に!あると快適な自転車アイテム4選!

サイクリングのお供に!あると快適な自転車アイテム4選!
スポンサーリンク

出典:https://www.garmin.co.jp/minisite/cycling/

はじめに

今回は、サイクリングの際にあると、とても便利なアイテムを4つ厳選してご紹介いたします!

サイクリングのお供に!あると快適な自転車アイテム4選!

サイクルコンピュータ


サイクルコンピュータは速度やケイデンス、高性能なモデルだと斜度まで測れちゃう優れものです。

価格帯も幅広く、初心者向けのエントリーモデルから、上級者、プロ選手が使うハイエンドモデルまでさまざまです。

価格が上がれば上がるほど、搭載される機能が増え、高性能になっていきます。

・メリット

速度が見られる。(エントリーからハイエンド)

最高時速が記録できる。(エントリーからハイエンド)

斜度を確認できる。(ミドルからハイエンド)

ケイデンスや心拍数が確認できる(ハイエンド)

などなど

スタンド


スタンドと言っても自宅などに保管する際に使用する、ディスプレイスタンドもありますが、今回ご紹介したいのは、自転車に直接取り付ける、キックスタンドです。

本格的なロードバイクで競技に打ち込むような方には、むしろ不要ですが、クロスバイクやマウンテンバイクなどで、街乗りなどの普段使いや、ポタリングなどをメインに楽しむ方にはとても便利なアイテムです。

・メリット

買い物などで自転車を止める際にそのまま置ける。

自宅保管でも活躍。

スマホホルダー


スマホを自転車に取り付けることができるアイテムです。

自転車にはナビがつけられないので、スマホをナビがわりにするといった使い方が便利です。

近年は先ほどあげたサイクルコンピュータにも搭載されているモデルも増えてきましたが、まだまだ高価なのも事実です。

・メリット

スマホを直接見られる。(ナビとして活用)

いちいちポケットから出さなくてよい。

携帯工具


携帯工具は、自転車に万が一不備やメカトラブルが起きた際に、すぐに対処できる工具を、持ち運びしやすいサイズにしたものです。

有名メーカーの携帯工具を一つ持ち歩くだけでも、いざという時の安心感が違います。

・メリット

急なトラブルに対処できる。

通常の工具よりも持ち運びの邪魔にならない。




まとめ

今回はざっくりとした記事になってしまいましたが、とりあえずこれだけはあると、楽しく、快適にサイクリングができるよね!というアイテムをご紹介させていただきました。

他にもまだまだ便利なアイテムはたくさんあるので、第2弾としてご紹介したいと思っています!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

サイクルパーツカテゴリの最新記事