詳しく解説!ロードバイクビンディングシューズおすすめ9選!

詳しく解説!ロードバイクビンディングシューズおすすめ9選!
スポンサーリンク

はじめに

今回は本格的にロードバイクを楽しむのなら欠かせないアイテム、ビンディングシューズについてです。このアイテムは初めこそ怖くて慣れが必要ですが、一度使いこなせるようになると快適でやめられません。

今回はそんなビンディングシューズの人気メーカー、シマノ、ジロ、フィジークの3メーカーからおすすめのビンディングシューズをご紹介いたします。

ぜひ最後までご覧ください。

ビンディングシューズとは?

出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%83%8E-SHIMANO-SPD-SL-

ビンディングシューズとは、普通のスニーカーと違い、クリートと呼ばれる専用の金具を使用して、ペダル(ビンディングペダルと呼ばれるもの)と固定して効率よくペダリングが出来るようにするためのシューズです。

ビンディングシューズはフィット感が強いものが多く、初心者向けの安価なものから、軽量でより高性能な上級者向けのものまでさまざまなモデルが存在します。

プロ選手は主にこの、ビンディングシューズでペダルと固定し、高速巡航やスプリントに役立てています。

ペダリングの効率化だけでなく、見た目もカッコいいので、本格的にロードバイク競技やサイクリングに打ち込むのならオススメしたいアイテムです。

対応しているシューズとペダルの規格が違う場合もある

ビンディングシューズには、先程述べた、シューズとペダルを固定するための金具、クリートの規格が違うものや、対応しているペダルのメーカーなどの違いなどがあります。

クリートのタイプは主に4つあり、2穴タイプ、3穴タイプ、4穴タイプがあります。

例えばシマノはロードバイク用のペダルは3穴(SPD-SL)、MTB用は2穴(SPD)といったような違いがあります。

つまりどのシューズでもどのペダルに固定できるという訳ではなく、各ペダルや規格に合ったシューズを選ばなくてはいけません。

ビンディングシューズの種類

・ベルクロタイプ

エントリーモデルに多く採用されているのがベルクロタイプです。手軽に脱着でき、価格も安価なので初心者のサイクリストにオススメです。

・シューレース(紐)タイプ

軽量で高いフィット感が特徴なのがこのシューレースタイプです。足元がすっきりするので、ウェアと合わせた時の統一感を出せるのも魅力的です。欠点としては脱着や走行中の調整に若干の手間がかかるので初心者にはあまり向いていません。

ラチェットタイプ

ラチェット式のバックルを足首に配置した、みろるグレードモデルに多いタイプです。しっかり固定できるので安定感がありますが、走行中に緩めにくいのがやや欠点になります。

ダイヤルタイプ

ハイエンドモデルに多く採用されており高いパフォーマンスを発揮できることで人気のタイプです。ダイヤルを回してワイヤーを調節するタイプで、走行中の細かな調整や、脱着のしやすさが高いなど高い性能を持っているシューズです。

世界のトップ選手は殆どこのタイプを使用しています。

スポンサーリンク

ロードバイクビンディングシューズおすすめ9選!

SHIMANO(シマノ)

RC1


エントリーモデルながらレース仕様のスタイリングと、初心者が扱いやすい最初のビンディングシューズにおすすめのアイテムです。

・238g

・RC9


最適なパワー伝達性と抜群のフィット感が特徴のシマノのロードシューズ用ハイエンドモデルです。

・236g

・RC3 ウイメンズ


クロージャーシステムと呼ばれるシューズの中心部分にあるダイヤルでシューズの調整が容易にできる、男女兼用モデルです。

・226g

GIRO(ジロ)

・SAVIX


BOAダイヤルとストラップを駆使することにより簡単にシューズの微調整が可能なとても扱いやすいGIROのエントリーモデルです。

・310g(42)

・TRANS BOA

&

nbsp;

マイクロファイバーとメッシュアッパーと呼ばれる、最新のてクロノジーを採用し、簡単に調整ができるミドルグレードシューズです。

・265g

・FACTOR TECHLACE


足をしなやかに包み込むことのできるTechlaceシステムを採用した、快適性と実用性あふれるサイクリングシューズです。

・210g

fi’zi:k(フィジーク)

・TEMPO/POWERSTRAP R5 REFLECTIVE


フィジークのロードバイク向けビンディングシューズの中で、最も安価ながら、高い快適性とフィット感が特徴的なシューズです。

・255g

・TEMPO/OVERCURVE R5 METALLIC


様々なライドシーンでも快適な走りができるよう、高い快適性とペダリング効率を追求したモデルです。

253g

・R1B/INFINITO BOA


ソールにカーボンファイバーを使用し、高い剛性と軽量性を実現させたハイエンドレーシングモデルです。

232g

まとめ

今回は3つのメーカーから、初心者にも上級者にもおすすめできるビンディングシューズを9つご紹介させていただきました。

ご自身がどの要素を重視するのか、快適性なのか、速さなのか、それともフィット感なのか。それを考えた上で自分に合った最高のシューズを選べれば、あなたのサイクリングライフがより一層快適で、楽しいものになること間違いなしです!


スポンサーリンク

サイクリンググッズカテゴリの最新記事