「2021年モデル」『10万円代!』初心者おすすめロードバイク5選!

「2021年モデル」『10万円代!』初心者おすすめロードバイク5選!
スポンサーリンク

はじめに

今回は初心者の方が初めて購入、乗るのに適したエントリーロードバイクをご紹介したいと思います。初心者向けのロードバイクといっても種類はさまざまで豊富です。その中から筆者がおすすめしたいロードバイクを厳選してご紹介いたします。

おすすめの価格帯

ズバリ初心者におすすめのロードバイクの価格帯は10万円前後から15万円前後です。なぜならこの価格帯に多くエントリーモデルがラインナップされているからです。一般的にミドルグレードやハイエンドモデルと呼ばれるモデルは30万円以上から、高価なものだと100万円を超えるモデルまでもがあり、これらは性能的にはとても優れていますが、初心者には多少扱いにくく、また、これからもロードバイクを続けるかわからないという初心者の方には特に手が出せないモデルとなります。

なのでまずは安価なエントリーグレードでロードバイクを始め、よりもっと本格的にロードバイクに打ち込みたいという気になったらより高価なモデルに買い換えるのがおすすめです。

もちろん初心者だからといっていきなりハイエンドモデルを購入してはいけないという訳ではないので、初めから俺は(私は)本格的に走るんだ!レースに出るんだ!という方は高価なモデルを買ってもよいと思います。

低価格帯の素材はアルミかクロモリ

先ほど述べた価格帯でロードバイクを購入するとなるとおのずとフレームの素材はアルミか、クロモリとなります。アルミフレームは軽量で種類も多く、ダイレクトな乗り味を楽しむことができます。また近年のアルミフレームロードバイクは特殊な溶接技術によって溶接されており、まるでカーボンバイクかのような綺麗な見た目に仕上がっているものが多いです。

クロモリフレームのロードバイクは重さこそ若干ありますが、しなやかな乗り心地と優れた振動吸収性によりとても乗り心地がよいです。ロングライドにもおすすめです。

どちらもカーボンフレームにはない魅力を持っていて見た目も違うので、好みや用途で選びましょう。

予算を出せばカーボンも手に入る!

ちなみに、10万円代ではカーボンフレームのロードバイクはなかなかありませんが、20万円ちょっとまでお金を出せばカーボンフレームのロードバイク が視野に入ってきます。

20万円代のカーボンフレームのロードバイクは、10万円前後のアルミフレームのロードバイクより軽量で乗り心地が良く耐久性もあります。また溶接の跡がないので見た目がとても綺麗なのも魅力の一つでしょう。

もし予算に余裕があるのなら思い切ってカーボンフレームのロードバイクを選んでみてもよいかもしれませんね。

リムブレーキかディスクブレーキか?

ロードバイクのブレーキシステムには大きく分けて、リムブレーキ、ディスクブレーキの二つが存在します。

リムブレーキはホイールのリム部分に(アルミホイールなら銀色の部分)をゴムで挟み込んでスピードの調整、ブレーキをかけます。特徴としては、初心者でも比較的扱いやすく、また軽量なものが殆どで、完成車としての価格も安価なものが多いです。

一方、ディスクブレーキのロードバイクはリムブレーキのロードバイクより、優れた制動力を持ち雨天時でも安心してブレーキングが行えます。ただ傾向としては重量が重くなりがちで、完成車としての価格も、若干ですが高価になるという傾向があります。

どちらのタイプのロードバイクがよいかはご自身の使用用途や、予算に応じて購入するとよいと思います。

おすすめエントリーロードバイク5選!

・ビアンキ VIA NIRONE 7

イタリアの超老舗メーカー、ビアンキのエントリーモデルです。チェレステカラーと言われる淡い水色のカラーリングが特徴的で様々なライダーから人気があります。VIA NIRONE 7は低価格のエントリーグレードながらも高い走行性能、乗り心地を確保しており、初めてロードバイクに乗る方にぴったりのモデルです。街中でもよく見かけるモデルでもあり、進化しながらも毎年ラインナップされ続けている人気のロードバイクです。


出典:bianchi公式サイト

・¥121,000(税込)

・重量:不明

・トレック Domane AL 3 Disc

アメリカのメーカー、トレックのオールラウンドロードバイクがこのDomane AL 3 Discです。Domaneシリーズはエンデュランスモデルですが、走行性能も高くロードバイクらしい走りも期待できます。また、このDomane AL 3 Discは普段使いにも適していて、例えば、フェンダーやラックが装備できるように、専用のマウントが設けられており、ロングライドなどで多くの荷物を運べるようキャリパーもつけることができます。サイクリングだけでなく、通勤通学にも使えるとても機能性あふれる魅力的なロードバイクです。


出典:TREK公式サイト

・¥137,500(税込)

・重量:10.54kg(56)

・ジャイアント TCR SL 1

世界最大の自転車メーカーと言われる台湾のジャイアントのアルミロードです。

TCRはジャイアントの中でもピュアレーシングモデルに位置付けられており、高い走行性能と軽量性が魅力的なモデルです。

このTCR SL 1も高性能な軽量アルミニウムフレームにフルカーボンフォークを採用しており、上位グレードに引けを取らない高い走行性能と軽量性を発揮してくれます。

コストパフォーマンスにも優れており、レース志向のライダーにおすすめです。


出典:GIANT公式サイト

・¥165,000(税込)

・重量:8.6kg(445mm)

・メリダ SCULTURA RIM 100

台湾の大手メーカー、メリダのエントリーグレードです。ツールドフランスを走るような高性能なロードバイクを作っているメーカーだけに、エントリーグレードのロードバイクも性能が高く、価格の割に性能が高いコストパフォーマンスに優れたモデルが多いのが特徴です。

このSCULTURA RIM 100も税別10万円以下という価格ながらメリダ独自の高性能アルミフレームに、フルカーボンフォークを採用していて、高い走行性能、アルミならではの乗り心地、そして快適性を実現しています。

販売している店舗も多く、入手しやすいのも嬉しい点です。


出典:MERIDA公式サイト

・109,890円 [税込]

・重量: 9.4kg(XS)

・フェルト VR 40

このVR 40はドイツのメーカーで、フェルトのオールジャンルロードです。純粋なピュアレーシングロードとは違い、幅広なタイヤクリアランスを確保していることによって太めのタイヤを装備出来ることや、制動性の高いディスクブレーキ、安定性が高いマルチロードジオメトリーにより様々な道に対応できる、まさにアドベンチャーにぴったりのロードバイクです。

『VRは、ハイスピードなトップレースや、ダウンヒルコースのようなオフロード以外であれば、これ1台ですべてのライディングに対応する。』(FELT公式より)

レースには出ないけど、あらゆるところに行きたい冒険好きな初心者ライダーにぴったりです。


出典:RITEWAY公式サイト

・¥173,800(税込)

・重量:10.06kg(540mm)

まとめ

今回は初心者の方に、最初の一台に強くおすすめしたいロードバイクを5つご紹介しました。

どのモデルも一流メーカーが作っているロードバイクなので、本格的にロードバイクを初めても長く乗っていける一台だと思います。

その他おすすめの記事はこちら!


 


スポンサーリンク

ロードバイクカテゴリの最新記事