2021年おすすめエンデュランスロード5選!特徴も紹介!

2021年おすすめエンデュランスロード5選!特徴も紹介!
スポンサーリンク

はじめに

皆さんはエンデュランスロードというものに興味ありますか?ロングライドなど長距離乗っても疲れにくいシステムやテクノロジーが搭載されているのがこのモデルです。今回は2021年モデルでおすすめのエンデュランスロードを5モデルご紹介したいと思います。

エンデュランスロードの特徴

出典:https://www.trekbikes.com/jp/ja

エンデュランスロードの主な特徴としては各メーカー独自の振動吸収システムやテクノロジーで、快適性やちょっとした悪路なども走れるよう設計されています。かの有名なパリルーベなどでも活躍しておりハイエンドエンデュランスモデルとなると、世界のトッププロ達が使用します。プロ選手にしか恩恵がないのかと言うとそうでもなく、一般のライダーも長距離走るロングライドなどで疲れを感じにくいといったメリットがあります。ラインナップもハイエンドモデルの高価なものばかりでなくむしろ、低価格の初心者に向けたエントリーモデルの方が多いように感じます。

2021年おすすめエンデュランスロード5選!特徴も紹介!

その1:トレック DOMANE

トレックのエンデュランスロードシリーズがこのDOMANEです。ハイエンドモデルはDOMANE SLR、ミドルグレードにDOMANE SL、アルミシリーズのDOMANE ALなどがあります。Iso-Speedと言われる振動吸収システムを搭載していてとても乗り心地が良いと評判です。

その2:ジャイアント DEFY

ジャイアントといえばTCRシリーズが人気ですがこの DEFYシリーズも負けていません。太めのタイヤが履けるよう十分なクリアランスが確保されており、また、新設計のカーボンフレームとD-FUCEハンドルのおかげで高速巡航も得意です。

その3:ビアンキ INTENSO

INTENSOは体への負担の少ないアップライトな乗車姿勢が可能でとても快適にサイクリングが楽しめるロードバイクです。乗り心地のよいカーボンフレームとフォークのおかげで快適にロングライドが楽しめます。もちろん走行性能も一切妥協しておらず、よく走るエンデュランスロードです。

その4:ビアンキ IMPULSO

こちらもアップライトな乗車姿勢が可能なアルミニウムフレームのエンデュランスロードです。快適な乗り心地とアルミならではの走行性能が楽しめるロードバイクです。かつては北の地獄とも呼ばれるクラシックレース『パリルーベ』でもプロチームが使用していました。

その5:キャノンデール シナプス

『より遠くまで。 軽量で、剛性に優れ、速く、快適なロードバイク。』がモットーのシナプスは快適性だけでなくしっかりとした剛性も確保されており、快適にそしてより速く走りたい人にぴったりのエンデュランスロードバイクです。

まとめ

エンデュランスロードは快適性を重視したロードバイクですがしっかりと走行性能も考えられて作られています。ついつい流行りのエアロロードや軽量ロードに目がいきがちですが、レースよりも快適なサイクリングを楽しみたいという方には是非ともおすすめしたいロードバイクです。


 


スポンサーリンク

ロードバイクカテゴリの最新記事