『Mavic編』サイクルレースで欠かせないニュートラルサービス!その役割、歴史を解説!

『Mavic編』サイクルレースで欠かせないニュートラルサービス!その役割、歴史を解説!
スポンサーリンク

はじめに

引用:mavicジャパン

皆さんが何気無く見かける、または、ものすごくお世話になっている、サイクルロードレースでのニュートラルサービス。

今回はそんなニュートラルサービスを解説していきます。

ニュートラルサービスとは?

引用:mavicジャパン

『ニュートラルサービス』は、サイクルレースにて全ての競技者が、国籍、チーム、機材に関係なく技術的な中立なサポートを受けられる仕組みです。

このサービスを世界で初めて行ったのがMavicであることは、有名ですよね。

Mavicはこの取り組みを世界各地、年間200以上のレースで実施しています。

ニュートラルサービスの歴史

引用:mavicジャパン

このサービスが開始されたきっかけは、1972年、Mavicのスタッフがレースで車両が故障したスポーツマネージャーに自分の車を貸したことが端の発端です。

正確には、1972年、ブルーノ・ゴーマンという人物が、ツールドフランスの前哨戦である、クリテリウム・ドゥ・ドフィネで、レース中に車両が故障したスポーツマネージャーに自分の車を貸したことが始まりです。

ブルーノ・ゴーマンはそのとき競技者、主催者双方にとって有益である今までにない『中立の立場』でのアシスタントサービスというアイディアを思いつきました。

これを実現化したのが、現在の自転車レースシーンでも欠かせない“マヴィックニュートラルサービス”です。

そして、Mavicが最初にニュートラルサービスを提供したレースは1973年のパリ~ニースでした。

日本では1996年よりスタートしました。

今やプロのレースシーンのみならず、アマチュアのレースイベントでも問題をその場で解決すべく最善をつくし、全ての選手たちがゴールを切れるようにサポートしているのがMavicです。

ニュートラルサービスの役割

引用:mavicジャパン

このサービスの主な役割は、「緊急時に各集団のリーダーを素早くアシストできるよう、集団の前に救援装備を備えた車両を走らせること」です。

またチームが違えば、当然、機材も異なります。

Mavicは、その事も当然対策を考えており、さまざまな機材を用意しています。

今やリムブレーキ、ディスクブレーキが混在するレース現場。

当然それに合ったホイール、車体、また、ペダルも選手のシューズに合わせなくてはいけません。

それを見越して、Mavicカーではさまざまな企画にあった、組み合わせの機材を搭載して、レースの現場に出ています。

こういったことができるのは、中立な立場であるサポートカーの役目であり、彼らにしか出来ないことです。

まとめ:ニュートラルサービスはレースには欠かせない存在!

今回は、Mavicのニュートラルサービスについて解説、まとめてきましたが、今だとSHIMANOもレースでサポートを行なっていますよね。

彼らは、今ではレース現場では欠かせない存在です。

レースも時代と共に変化していきますが、それを支える

『中立な立場』。

そんな彼らもきっと今後はさらなる変化に応じたサービスを展開していくのでしょうね。

こちらの記事もおすすめ!

最新自転車ニュースまとめ!(アワーレコード、ポガチャル、ジャパンカップ)

スポンサーリンク

サイクルロードレースカテゴリの最新記事