『ジャイアント』わずか6.8kg!PROPEL ADVANCED SL 0をご紹介!

『ジャイアント』わずか6.8kg!PROPEL ADVANCED SL 0をご紹介!
スポンサーリンク

今回は、今年のツールドフランス2022でお披露目された、新型のエアロロードバイクをご紹介いたします。その重量わずか6.8kgです。しかもディスクモデルで!

はじめに:『ジャイアント』わずか6.8kg!PROPEL ADVANCED SL 0をご紹介!

そのロードバイクとはこちら!

PROPEL とはどんなロードバイク?

PROPEL は、台湾の巨大自転車メーカーである、GIANT(ジャイアント)のエアロレーシングモデルです。

プロペルは元々、高い剛性と、エアロダイナミクスにより、高速域での安定した走行性能に長けていました。

長い間、UCIプロチームでも愛用されてきた実績もあり、プロ、アマチュア問わず根強い人気がありました。

プロ選手の強力なスプリントにも耐えられる剛性と、圧倒的な空力性能を持ち合わせた、真のエアロロードバイクでした。

大幅な性能UP!

そんなPROPELの最新フラグシップモデルADVANCED SL 0が2022年に(2023年モデルで)、大幅な性能UPと、更なる軽量化を果たしフルモデルチェンジしました。

前世代より大幅な重量剛性比と、新型のシートポストにより、約85%も快適性を向上させました。

ケーブルフル内装式のフレームは更なる空力抵抗の削減に役立っています。

 

「プロペル」がより軽く、剛性とエアロ性能を高めてフルモデルチェンジ。前世代比較で重量剛性比を26.4%高め、新形状のフレーム
一体型シートポストは”しなり量”が85%UPと快適性も大幅に向上。独自のケーブル内装システムがエアロ性能とメンテナンス性を両立。
エアロ性能を高める「CADEX 50 ULTRA」ホイールと「CADEX AERO」タイヤを採用した至高のエアロロード。

引用:ジャイアント公式ページより

スポンサーリンク

価格は、150万円以上と、かなり高額ですが、誰もが欲しがる、速さと軽さを手に入れた、まさしく真のレーシングロードバイクです。

専用のエアロハンドルのおかげで、ケーブルはフル内装です。

軽量なCADEX 50 ULTRA DISC CARBON WHEELも走行性能の向上に一役買っています。

現行モデルのPROPEL ADVANCED SL 1が7.7kgだったので、900gもの軽量化を果たしたことになります。

新型プロペルは、風洞実験施設と実際の道路で、数年の月日をかけてっテストされ、今年のツールドフランス2022でUCIワールドツアーチームである『バイクエクスチェンジ』に実戦投入されました。

前世代と比較して最大6.21wの空気抵抗の削減を果たしています。

この数値は40kmの距離を時速40kmで走行した際、27秒のタイム短縮を実現することになります。

また高いグリップ力を持つCADEX AERO TIRE を標準装備しており、ただ速いだけでなく、安定した乗り心地も実現しています。

スペック

SIZE
680(XS),710(S),740(M)
WEIGHT
6.8kg(740mm)
フレーム
Advanced SL-Grade Composite VECTOR ISP OLD142mm
フロントフォーク
Advanced SL-Grade Composite,Full Composite OverDrive AERO Column 12mm Axle
ギアクランク
SHIMANO DURA ACE Pro-Compact with SHIMANO Power Meter
変速パーツ
SHIMANO DURA ACE Di2
ブレーキセット
SHIMANO DURA ACE F:160mm R:140mm Rotors
サドル
GIANT FLEET SLR Carbon Rail
ホイール
CADEX 50 ULTRA DISC TUBELESS
※必ずフックレスリム対応GIANT認定タイヤをご使用ください。
タイヤ
CADEX AERO TUBELESS 700x25C
シフト段数
24 Speed

まとめ

いかがでしたか?ジャイアントの新型プロペルは。

近年のロードバイクの技術革新は素晴らしいですね!

元々ジャイアントは、コスパに優れたメーカーではありますが、このプロペルの価格を考えると相当な走りが期待できますね!




スポンサーリンク

ロードバイクカテゴリの最新記事