自転車で人生をHAPPYに。
サイクルパーツ

ビンディングペダルの特徴!フラットペダルとの違いもご紹介!

はじめに

今回はビンディングペダルの特徴と種類、フラットペダルとの違いについても解説します。一言でペダルと言ってもどちらが自分にあっているかわからない。という方の参考になればなと思います。

ビンディングペダルとは

ビンディングペダルはペダルとシューズを固定して使用します。主にロードバイクに取り付けるのがメジャーです。

その他の特徴として、通常の固定しないペダルでは踏む力でペダルを漕ぐのに対してビンディングペダルでは足を下から上に引き上げる引く力が使えます。これによって、より多くの力をペダルに伝えることができます。

またしっかりと固定してくれるので高速で巡航した時やダンシングをした時も、軸がブレにくくシューズがずれることもありません。

初めてビンディングペダル にした時は足が固定されてしまう恐怖心や慣れていないことによって転んでしまうことがあるので、不安な方は交通量の少ない道で練習すると良いと思います。

慣れてしまえば快適にサイクリングを行うことができるようになりますよ!

スポンサーリンク

ビンディングペダルの種類

ロードバイクとマウンテンバイクでは付けるペダルの種類が違います。ここではシマノのビンディングペダルを例にご紹介したいと思います。

SPD-SLペダル

 SPD-SLペダルはスピード重視のロードバイク向けのシマノのビンディングペダルです。シューズとの固定力が強く、踏み込む力がダイレクトに伝わります。

価格も初心者向けの安いものから上級者向けのデュラエースと言われる高価なものまで幅広くラインナップされています。

SPDペダル

SPDペダルは主に街乗りやカジュアルに乗りたい方、マウンテンバイクに乗る方向けのシマノのペダルです。

SPD-SLペダルほどの固定力は無いですが、扱いやすく使い勝手が良いペダルです。マウンテンバイクに取り付けられることが多いようですが、気軽にカジュアルにロードバイクやクロスバイクを楽しみたい方にも人気があります。

フラットペダルとの違い

フラットペダルは足とペダルを固定せずただ足を乗せて漕いで回すペダルです。

一般的にはママチャリやクロスバイク、街乗り用のマウンテンバイクなんかに付けられています。

先ほども言ったように、ビンディングペダルは引く力を使えるのに対してフラットペダルでは足が固定されていないので引く力が使えずたくさんの力を加えるのが苦手です。

その分力を加えずいつでも足をペダルから下ろすことが出来るので、咄嗟に止まらなければいけない時や頻繁に止まる事の多い市街地などでもストレス無く安心して自転車に乗ることが出来ます。初心者にはオススメのペダルです。

まとめ

今回は主にビンディングペダルについて軽くですが解説しました。フラットペダルと比べてどちらもメリットデメリットがありますがどちらも大事な愛車のパーツの一つです。

自分の用途にあわせて選べば最高なサイクリングライフを送れること間違いなしです!

ABOUT ME
satoyuki
いつもご覧いただきありがとうございます! 好きなことで生きてくをモットーにちまちまとブログ更新中! 応援よろしくお願い致します!!
Verified by MonsterInsights