『2022年』今でも購入出来るリムブレーキロードバイクおすすめ7選をご紹介!

『2022年』今でも購入出来るリムブレーキロードバイクおすすめ7選をご紹介!
スポンサーリンク

はじめに:皆さんの愛車はディスクブレーキ?それともリムブレーキ?

昨今は数年前と違い、ディスクブレーキシステムのロードバイクが増えましたね。

中にはハイエンドモデルは全て、ディスクモデルのみというメーカーもあるくらいです。

そんな中、今でもハイエンド、エントリーグレード問わず、リムブレーキシステムを採用し、販売しているロードバイクメーカーも存在するのも事実です。

今回は、そんなリムブレーキモデルを2022年現在も採用している、メーカーから筆者おすすめのロードバイクを7選ご紹介いたします!

リムブレーキモデルの魅力と欠点

リムブレーキモデルの主な魅力の一つに、軽量なモデルが多いという点が挙げられます。

また、ディスクブレーキ搭載モデルよりも、メンテナンスがしやすいという点も、大きな魅力でしょう。

逆に、年々ディスクブレーキ化の波に押されて、コンポーネントやホイールなどのパーツも、ハイエンドモデルはディスクブレーキ専用しかラインナップしていないという欠点も、多少はあります。

それでも、まだまだ、日本国内では、リムブレーキ愛好家もたくさんいらっしゃるのも事実なので、一応、カスタムの余地がありますが、、、。

ディスクブレーキとのざっくりとした違い

リムブレーキは、ブレーキパットをホイールのリムに押し付けて、その摩擦で制動力をコントロールしています。

ホイールの外周部分を直接挟み、ホイールの回転を止めるということですね。 

一方、ディスクブレーキは、ホイールの中心部分に備え付けられた「ブレーキローター」と呼ばれるパーツを、挟み込むことによって、ホイールの回転を止める仕組みになっています。

スポンサーリンク

『2022年』今でも購入出来るリムブレーキロードバイクおすすめ7選をご紹介!

今回ご紹介するメーカー

ジャイアント(台湾)

メリダ(台湾)

キャノンデール(アメリカ)

トレック(アメリカ)

ビアンキ(イタリア)

TCR ADVANCED 2 KOM(ジャイアント)

ジャイアントのオールラウンダーロードバイクを、絶妙なギア比で、ヒルクライム仕様にしたのが、このTCR ADVANCED 2 KOMです。

価格は、税込30万8000円ながら、軽量、空力性能に優れ、初心者の方の初めの一台にもおすすめの、コスパあふれる一台です。

28mmまで対応するタイヤクリアランスにより、幅広い路面状況下で高いコントロール性を実現しており、コンポーネントはワイドギアレシオのシマノ「105」を採用しています

¥308,000(税込)

https://www.giant.co.jp/giant22/bike_datail.php?p_id=00000013

SCULTURA RIM 4000(メリダ)

SCULTURA CF2カーボンフレームを使用した、キャリパーブレーキ仕様の軽量オールラウンダーモデルがSCULTURA RIM 4000です。

軽量設計が魅力のロングセラーモデルで、メインコンポーネントにShimano 105を採用し、クリーンな装いのパーツアッセンブルでまとめ上げた一台です。

フレーム内部にも製造時のシワを残さないMERIDA独自のアンチ・リンクル・システムを採用し、軽さと品質を両立しています。

264,000円 (税込)

https://www.merida.jp/lineup/road_bike/scultura_rim_4000.html

CAAD Optimo1(キャノンデール)

キャノンデールのアルミモデルであるCAADシリーズのエントリーモデルです。

このロードバイクの魅力の一つが、20万円を切る価格ながら、コンポーネントにフルSHIMANO105r7000を採用していることです。

また、フレームは、フルモデルチェンジによって大幅に、空力性能と快適性が上がっています。

198,000(税込)

https://www.cannondale.com/ja-jp/bikes/road/race/caad-optimo/

SuperSix EVO Carbon 105(キャノンデール)

かつて軽量クライミングモデルとして衝撃のデビューをした、SuperSixの現行エントリーモデルがこのSuperSix EVOCarbon 105です。

こちらの新型SuperSix EVOは48.3km/hのスピード域で、旧バージョンに比べて、30ワットのパワーをセーブすることに成功しています。

空力性能を意識したフレーム形状に、メインコンポにSHIMANO105を採用した、抜かりない一台です。

193,600(税込)

キャノンデール公式サイト

Domane AL 2(トレック)

Domane AL 2は、ロングライドなど快適にロードライドを楽しみたい、初心者に特におすすめな入門ロードバイクです。

安定性、軽さ、カスタマイズ性、など、エントリーグレードとはいえ、さまざまな工夫がこのDomane AL 2には施されており、走る楽しさ、喜びを味わえます。

106,700(税込)

TREK公式サイト

SPRINT(ビアンキ)

ビアンキのエントリーカーボンロードのSPRINTは初めてのカーボンロードバイクにも、ピッタリなロードバイクです。

エアロ形状をさりげなく採用したフレームは、乗り心地も良く、レースから、サイクリングまで幅広く楽しめるロードバイクです。

しっかりと、ビアンキの定番カラーであるチェレステカラーがあるのも嬉しいポイントです。

228,800(税込)

ビアンキ公式サイト

VIA NIRONE 7(ビアンキ)

ビアンキのベストセラーアルミモデルがこのVIA NIRONE 7です。

初心者に特に人気があり、定番のチェレステカラー、コンポはシマノ105 11sと抜け目のないエントリーロードバイクです。

アルミモデルながら、快適性が売りのモデルでもあり、また、ホイールとタイヤを少し良いものに変えるだけで、より軽快に走ってくれるため、カスタムベースとしてもおすすめです。

ビアンキ公式サイト



まとめ

今回は筆者がおすすめしたい、リムブレーキモデルのロードバイクをご紹介いたしました。

特徴としては、エントリー向けですが、どれもロードバイクそのものの、軽快さや快適に、長く走るという、スポーツバイクの醍醐味は存分に味わえます。

まだまだリムブレーキモデルに乗りたい。

乗り始めたばかりだから、定番のモデルに乗りたい。

という方は是非参考にしてみてください!

それではまた次回の記事で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

ロードバイクカテゴリの最新記事