SHIMANO105搭載ロードバイクおすすめ10選!その特徴とは?

SHIMANO105搭載ロードバイクおすすめ10選!その特徴とは?
スポンサーリンク

はじめに

今回はシマノの人気コンポーネント『105』が搭載されたロードバイクを10選ご紹介します。

人気のロードバイクには主にアルミフレームとカーボンフレームが挙げられます。今回はこの2種類のフレームを使用したロードバイクに絞ってご紹介します。

上級者の方や、初心者の方まで幅広くおすすめできるロードバイクばかりです。ぜひご覧ください!

シマノ105とは?

出典:https://bike.shimano.com/ja-JP/product/component/shimano105-r7000/FC-R7000.html

105はシマノのロードバイク用コンポーネントの中で中間的な立ち位置のコンポーネントです。一つ上にアルテグラ、同じく一つ下にティアグラというコンポーネントが存在します。

1

DURA-ACE

デュラエース

11

2

ULTEGURA

アルテグラ

11

3

105

イチマルゴ

11

4

Tiagra

ティアグラ

10

5

SORA

ソラ

9

6

Claris

クラリス

8

変速の数はアルテグラと同じリア11速ですが、アルテグラはトップアマや一部のプロが使うなど、最上位のデュラエースを意識したモデルとなっています。そのため、価格も105とアルテグラを境に一気に上がってしまいます。

105は上位モデルと同じ11速ながら価格も抑えた、レースにも対応できるコストパフォーマンスに優れたコンポーネントで、とても人気があります。

105搭載ロードバイクはどんなロードバイク?(特徴)

105を搭載したロードバイクの主な特徴として、まず、アルミフレームでは軽量なフレームを使用したミドルグレードからハイエンドモデルが多くラインナップされています。

一方カーボンフレームではエントリーグレードのモデルが多くなっています。

・アルミフレームロードバイク:ミドルグレード〜ハイエンド

・カーボンフレームロードバイク:エントリーグレード〜ミドルグレード

主な価格帯は?

価格帯は様々で、コストパフォーマンスのよいとされているアジア系のメーカーと、ブランドとしても歴史の長いヨーロッパ系メーカーではそれなりに開きがあ流ように感じます。

またアジア系メーカーとヨーロッパ系メーカーでは例え同じ価格帯でもコンポーネント以外のパーツでコストカットをしていたりといった違いも見受けられます。やはりコストパフォーマンスを考えるのであればアジア系メーカーの方がお得感があるように感じます。

アルミフレームとカーボンフレームでも違いがあり、アルミフレームロードバイクの方が比較的安価で、5万円から7~8万円は安いです。

・アルミフレーム:15万円前後〜20万円前後

・カーボンフレーム:20万円台〜30万円前後

SHIMANO105搭載ロードバイクおすすめ10選!

アルミフレームおすすめ5選

スペシャライズド ALLEZ ELITE


出典:スペシャライズド

・価格:170,500

・メインコンポーネント:105

・重量:不明

スコット SPEEDSTER 10


出典:スコット

・価格:173,800

・メインコンポーネント:105

・重量:9.5kg

トレック Émonda ALR 5


出典:トレック

・価格:253,000

・メインコンポーネント:105

・重量:9.04kg

ジャイアント TCR SL1


出典:ジャイアント

・価格:165,000

・メインコンポーネント:105

・重量:8.6kg

メリダ SCULTURA 400


出典:メリダ

・価格:164,890

・メインコンポーネント:105

・重量:8.9kg

カーボンフレームおすすめ5選

ジャイアント PROPEL ADVANCED 2 SE


出典:ジャイアント

・価格:275,000

・メインコンポーネント:105

・重量:8.4kg

ジオス TORNADO 105


出典:ジオス

・価格:250,800

・メインコンポーネント:105

・重量:7.6kg

コルナゴ C-RS 105


出典:コルナゴ

・価格:240,900

・メインコンポーネント:105

・重量:8.2kg

ビアンキ SPRINT


出典:ビアンキ

・価格:206,800

・メインコンポーネント:105

・重量:不明

メリダ REACTO 4000


出典:メリダ

・価格: 328,900

・メインコンポーネント:105

・重量:8.6kg

価格は全て税込表記

まとめ

今回はアルミフレームとカーボンフレームのロードバイクに限定してしまいましたが、なかなかよいロードバイクがあったのでは無いでしょうか?

やはり105はシマノのミドルグレードコンポーネントというだけあって、完成車となるとそれなりに値が張ってしまいますがトータルバランスやコストパフォーマンスの観点から見れば、どのメーカーも非常に魅力的なモデルに仕上がっていると思います。また機会があれば、クロモリロードバイクのおすすめもご紹介したいと思っていますのでお楽しみに!


 


スポンサーリンク

ロードバイクカテゴリの最新記事