SHIMANOビンディングシューズ特徴とおすすめ7選!

SHIMANOビンディングシューズ特徴とおすすめ7選!
スポンサーリンク

はじめに

サイクリングをする際に効率よく走らせたいという方には必須となるビンディングシューズ。今回は日本の人気メーカーシマノ(SHIMANO)からおすすめのビンディングシューズをご紹介いたします。

ビンディングシューズとは

ビンディングシューズとはペダルに固定させることのできる『クリート』と呼ばれる金具を取り付けることが出来る専用のシューズです。

シューズとペダルを固定すると、足を引き上げる際にもペダルに力が加えられるので効率よくペダルを回すことができます。

靴底の作りも違う

シマノのビンディングペダル にはロードバイクに適した『SPD-SL』とマウンテンバイクに適した『SPD』の2種類がありビンディングシューズにもその2つによってクリートを取り付けるためのネジ穴も種類によって数が違います。

主なものとして、

SPD-SL』モデルは穴が3つある『3穴タイプ』、『SPD」モデルは穴が2つあり『2穴タイプ』と呼ばれています。

両者の違いは『固定力の強さ』『脱着のしやすさ』『歩きやすさ』です。

ロードバイク向けのSPD-SLペダルは固定力が強く本格的にサイクリングやレースをするのにおすすめですが脱着の際に力が必要だったり、クリートが靴底から大きくはみ出るので歩く際に地面にクリートが干渉してしまい歩きずらいといったデメリットがあります。

一方SPDペダルはSPD-SLペダルと比べて固定力は落ちますが外しやすく、クリートが靴底に引っ込むので歩きやすいといったメリットがあります。

普段自分がどういった乗り方をするのかで選ぶのがいいでしょう。

ビンディングペダルの特徴フラットペダルとの違いはこちら!
ビンディングペダルの特徴!フラットペダルとの違いもご紹介!

シマノおすすめビンディングペダルはこちら!
足元から効率よくカスタム!シマノおすすめビンディングペダル7選

ロードバイク用おすすめシューズ3

RC9

シマノの中でロードバイク用のビンディングシューズではフラグシップモデルです。抜群のフィット感と最適なパワー伝達を追求したというこのモデルはアッパーが360°サラウンドラップ構造になっていることによってあらゆるライダーにフィットします。本格的に自転車競技をやっている人におすすめです。

サイズ:36~48 ハーフサイズ39~43 ワイドタイプ有り。

カラー:ブラック、ブルー、ホワイト

重さ:235g(サイズ42)


RC7

軽量なカーボン製コンポジットソール、高剛性とハイエンドに迫る性能を持つこのモデル。最高のフィット感を追求し、独立したダイアルによって素早い微調整が可能な使い勝手抜群のモデルです。レースで勝ちたい、本格的なサイクリングをしたいという人におすすめしたいモデルです。

サイズ:38~48 ハーフサイズ39~43 ワイドタイプ有り。

カラー:レッド、ホワイト、ブラック

重さ:245g(サイズ42)


RC1

レース仕様のスタイルと機能を持ち合わせるエントリーグレードのサイクリングシューズです。抜群のフィット感とメッシュ加工による快適性を実現させた初心者でも扱いやすいモデルです。

サイズ:36~48

カラー:イエロー、ブラック、ネイビー

重さ:238g(サイズ42)



MTB
、アウトドア向けシューズ3

スポンサーリンク

XC9

ハイエンドグレードのクロスカントリーMTB、シクロクロスレーシングシューズです。最適なパワー伝達と快適なフィット感を実現させた妥協の許さないモデルです。

調節可能なパワーゾーンシューレースガイドが足をしっかりと固定してくれるので荒れた道でのライドも安心です。本格的にMTB競技又はシクロクロス競技をしている人におすすめです。

サイズ:3637~47(ハーフサイズ有り)、48

カラー:ブルー、ブラック

重さ:330g(サイズ42)


XC7

高い快適性とパフォーマンスを両立させたこのモデルは上位モデルに引けを取らないオフロードレーシングシューズです。

独立したBOA L6ダイアルによって細かな微調整も素早くできます。高い柔軟性と走行時のグリップ力のバランスが絶妙なモデルです。

サイズ:38~48(ワイドタイプのみ)

カラー:ブラック、レッド

重さ:326g(サイズ42)


XC1

品質と性能のコストパフォーマンスに優れたシマノのエントリークロスカントリーMTBシューズです。

抜群のフィット感と高い通気性によって快適にオフロードライドが楽しめます。

サイズ:38~50

カラー:レッド、ブラック

重さ:334g(サイズ42)


街乗り、カジュアル向けシューズ1

CT5

カジュアルに乗りたい人にぴったりなスニーカースタイルのサイクリングシューズです。

普段着とこのシューズで街中で歩いても違和感なく過ごせます。

サイクリングしながらお店にもよるポタリングにぴったりのモデルです。

サイズ:36~48

カラー:ネイビー、ブラック、グレー

重さ:342g(スエード) 332g(メッシュ)


ビンディングシューズ選び方

留め具の種類で選ぶ

ビンディングシューズは足を固定する際の留め具がモデルによって違います。

例えば

マジックテープと同じ領域で固定する『ベルクロタイプ』

ダイヤルでワイヤーを巻いてシューズを締めつける『ダイヤルタイプ』

靴紐でフィット感を調節する『シューレース・紐タイプ』

などなど。

自分の好みに合わせて選んでもいいと思います。

素材で選ぶ

ビンディングシューズのソールに採用されている素材は主にカーボン、ラバー、ナイロンと3種類あります。

カーボンは軽量でパワー伝達力も強いので主にハイエンドのシューズに、

ナイロンは耐久性が高いのでエントリーグレードに多く採用されています。

サイズで選ぶ

自分にあったサイズ、フィット感で乗ることはとても大切です。ソールの剛性が高くクッション性がないシューズはサイズがあってないと不快でストレスが溜まってしまいます。

デザインで選ぶ

デザインはメーカーやモデルによりますが基本的にはスタイリッシュな見た目です。タイプも細身のレギュラータイプや幅広のワイドタイプなどシューズの様々です。

カラーは白や黒といったシンプルなものから派手で色鮮やかなものまで様々です。

まとめ

今回はシマノのビンディングシューズの特徴とおすすめのモデルをご紹介しました。ハイエンドからエントリーまで様々なモデルが用意されていてサイズも種類も豊富なのがさすがシマノのと言った感じでしたね。

今回ご紹介したモデル以外にも様々なモデルがあるのでシマノビンディングシューズで検索してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

サイクリンググッズカテゴリの最新記事